妊娠を気づいたときは嬉しかった

生理周期が安定していて2週間遅れるといったようなことが今までなかったので、妊娠5週目に気付きました。此の頃は妊娠初期と呼ばれる期間だったのでまだまだわからず検査薬で2回検査して病院に行くと、エコーでものすごく小さい点のようなものが見えて、これが赤ちゃんだと言われたのですが本当に自分のお腹に赤ちゃんが出来たのかなとまだ実感はありませんでした。

妊娠初期の頃に起きると言われるつわりが始まりました。母はつわりがなかったので自分もないのかなと淡い期待を抱いていたのですが関係なかったようです。何をしても吐き気がして、日中はほとんど横になっていました。歯磨きをすると吐きそうになるので、うがいをしようとしたのですが、さらに吐き気を倍増させてしまいすごく後悔したのを覚えています。

結婚式の打ち合わせに初めて行くという時にも、車で移動するなんて考えられないような状態だったので、主人にひとりで行ってもらったのですが寂しい思いをさせてしまったと申し訳なく思いました。出産するまでつわりが続く人もいると聞いて、もしそうなったらどうしようと考えながら1ヶ月が過ぎ、いつの間にかおさまっていました。
終わってみると、実際に嘔吐は1回だけでした。吐き気はあっても食べることは出来たので唯一の救いだったかなと思っています。

妊娠初期